加賀法律事務所|弁護士|石川県|加賀市|小松市|あわら市|離婚|調停|親権|養育費|慰謝料|財産分与

qrcode.png
http://www.kaga-houritsu.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

離婚

 

離婚に悩むあなたへ ~新たな人生へ向けて~

離婚に悩むあなたへ ~新たな人生へ向けて~
 
 離婚問題の相手方は,これまでの人生を一緒に歩んできた方です。苦楽を共にし本当に色々なことがあったでしょう。お子様がいらっしゃる場合には,夫婦関係がお子様に与える影響についても思い悩んでこられたはずです。
 
 離婚問題の背景には,必ずといって良いほど,複雑な人間関係や感情が入り込みます。場合によっては,身体的な暴力など犯罪行為が潜んでいることもあります。
 そんな状況のもとで,法的な事柄を冷静に整理し,話し合いや裁判に臨むことは決して容易ではありません。
 
 当事務所は,新たな人生に向けた一歩を踏み出す手助けとなるよう,できる限りの法的サービスを提供します。
 

離婚の一般的な流れ(請求内容によっては別の流れになります。)

離婚の一般的な流れ(請求内容によっては別の流れになります。)
 
① 夫婦間での話し合い(協議離婚)
 離婚問題全般(離婚自体,慰謝料,親権者,養育費,財産分与など)について,夫婦間で話し合いを行います。
 
 夫婦間で合意した内容は 「離婚協議書」といった形で書面にすることが適切です。口約束だけで済ませた場合,後日再び争いになる可能性があるからです。
 
離婚自体は「離婚届」を管轄の市役所等に提出することにより成立します。但し「離婚届」を提出する際には,少なくとも,①離婚すること,②子の親権者を夫婦どちらにするのかについて,夫婦間の協議が整っていることが必要です。
 
② 調 停
 家庭裁判所において,離婚問題全般に関して 「話し合い」を行う手続です。
 
 家庭裁判所の調停委員が,第三者の立場で,当事者双方の言い分・意見を調整しながら,話し合いが行われます。
 
 あくまで「話し合い」を行う手続ですから,相手方が家庭裁判所に来ない場合や,話し合いが決裂した場合には,調停手続そのものは終了してしまいます。
   調停では  家庭裁判所が強制力のある判断を下すことは予定されておらず,当事者の話し合いによる解決を目標としています
 
③-1 訴 訟(調停が決裂した場合)
 離婚とこれに伴う諸問題全般について,利用される手続です。
 
 家庭裁判所による強制力のある判断(判決)を求めることを目的としています。
   調停との一番の違いは,最終的には,裁判所から勝敗を問わず何らかの判断が示される点です。
   訴訟では十分な法的対応をする必要があります。
 
③-2 審 判(調停が決裂した場合など)
 養育費,婚姻費用などの個別的な問題について,利用される手続です。
 
 家庭裁判所による強制力のある判断(審判)を求めることを目的としています。
   調停との一番の違いは,最終的には,裁判所から勝敗を問わず何らかの判断が示される点です。
 

離婚の弁護士費用について

離婚の弁護士費用について
 
加賀法律事務所
〒922-0816
石川県加賀市大聖寺東町3丁目
5番地1階3号室
TEL.0761-75-7205
FAX.0761-75-7206

──────────────
1.■離婚■
2.■遺産相続■
3.■債務整理■
4.■交通事故■
5.■少年事件(子ども)■
──────────────
022833
<<加賀法律事務所>> 〒922-0816 石川県加賀市大聖寺東町3丁目5番地1階3号室 TEL:0761-75-7205 FAX:0761-75-7206